❤イ・ビョンホン・東方神起 LOVE❤나나의 일기

イ・ビョンホン、東方神起、K-POP・韓国ドラマ・映画、日常生活のgotta煮ブログ!
イ・ビョンホン最新情報naverまとめ(<=CLICK)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
絶対 こう言うと思った!!
ノーベル賞のうれしいニュースで、テレビ番組は盛り上がっています!!
ノーベル賞は、プッシュしてくれる人がいないともらえないと聞きました!!
日本の学会は、そういった突出した芽を摘む役割を果たすそうで!!
かつて田中さんは、学会に所属していなくて、外国の人がプッシュしてくれたからこそ、もらえたと聞きましたし!!
山中さんも、きっとアメリカでプッシュしてくれたのでしょう!!
韓国がもらえないのは、オリジナル性がないこととともに(モノマネ大好き)、プッシュしてくれる人も欧米にいないっていうことでは?!
友達がニュージャージー州に住んでいた時、韓国から留学してくる人は、たしかに優秀だけど、我が強すぎて、協調性というものをまるきり持ち合わせていないと言っていました。
そのあたりの民族性にもよるのではないかと思ったりしています。


朝鮮日報はたしか、時間たつと記事が削除されてしまうので、コピペして保存しておきます!!

ノーベル賞:幹細胞研究で韓国に遅れの日本、科学者育て逆転 山中教授ノーベル賞受賞を機に世界市場先制に意欲
黄禹錫教授のES細胞代替研究、実績なしでも大学院で採用: 
朝鮮日報 2012/10/10 10:58(<=CLICK)

【全文】

今年のノーベル生理学・医学賞で共同受賞した英国ケンブリッジ大学のジョン・B・ガードン教授(79)はカエルのクローンに初めて成功した科学者であり、京都大学の山中伸弥教授(50)は皮膚細胞を胚性幹細胞(ES細胞)に似た人工多能性幹細胞(iPS細胞)にする方法を初めて開発した研究者だ。科学者たちは、2人の間をつないだものは、かつて韓国が世界で最も進んでいると錯覚していた「クローンES細胞」だったと言う。


 ガードン教授のカエルを使ったクローン技術は哺乳動物のクローンへとつながり、黄禹錫(ファン・ウソク)博士は2004年に動物クローン技術を用いて世界で初めてヒトの皮膚細胞でクローンES細胞を作ったと発表した。韓国政府は黄教授に多額の研究費を与え、世界中の学者からは共同研究の提案が相次いだ。しかし、黄教授の論文捏造(ねつぞう)が明らかになると、クローンES細胞研究は科学界のタブーになった。クローンES細胞はヒトに成長する可能性がある受精卵を壊さなければ得られないため、倫理的な問題も大きかった。


 山中教授の研究はクローンES細胞に代わるものとして登場した。皮膚細胞に特定の遺伝子だけを入れてES細胞のような状態にするため、受精卵を壊す心配がない。また、患者自身の皮膚細胞を使うため移植しても拒絶反応がない。韓国の「黄禹錫ブーム」をうらやましく思っていた日本は、山中教授に50億円を上回る研究費を投入、世界の幹細胞研究をリードした。その一方で黄教授の研究捏造が発覚し「黄禹錫ショック」に陥った韓国では幹細胞研究への投資が米国の30分の1、日本の5分の1に落ち込んだ。


■過去に実績なくても支援決める日本


 日本が幹細胞分野の研究で強国に浮上したきっかけは、山中教授が07年に開発したiPS細胞だった。山中教授は1999年に奈良先端科学技術大学院大学の助教授に応募、学校側は実績もなく、まったく新しい分野を開拓するという同氏を採用した。当時支援を受けた研究費は3億円。その後、2004年に京都大学に移り研究を完成させた。日本政府は難病治療の可能性や研究の波及効果を見込み、10年には同教授に50億円を支援することを決定した。


 共同・提携研究は日本が持つ強みだ。京都大学は08年に特許管理会社「iPSアカデミアジャパン」を設立、iPS研究成果の共有や共同研究の拡大を推進しており、欧米などでも特許を取得した。日本国内約60カ所の製薬会社や研究所がiPSアカデミアジャパンの特許を利用して関連技術や薬品・装置を開発している。


 日本政府はノーベル賞受賞を機に関連商品の世界市場先制計画を続々と発表している。87億円を投じ、関連研究や製品開発を支援するシステムの構築を決めたほか、国際標準化を目標に、iPS細胞の培養や品質を評価する機器を開発することにしている。


■韓国、「黄禹錫ショック」脱し再起へ


 最近では韓国の幹細胞研究にも希望の灯がともった。キム・ドンウク延世大学医学部教授は「昨年までは幹細胞研究に対する投資が世界で10位圏外だったが、今年は1000億ウォン(約70億円)と昨年より70%増え、5位圏内に近づいてきた」と話す。キム・ドンウク教授チームは七つの難病について患者たちの細胞で作られたiPS細胞銀行を作り、治療薬開発に活用する道を開いた。10年には蔚山科学技術大学にiPS細胞研究者らが集まるハンス・シェラー幹細胞研究センターも開設された。


東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
スポンサーサイト
2012/10/11(木) 14:43:34 | 日常生活 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。