❤イ・ビョンホン・東方神起 LOVE❤나나의 일기

イ・ビョンホン、東方神起、K-POP・韓国ドラマ・映画、日常生活のgotta煮ブログ!
イ・ビョンホン最新情報naverまとめ(<=CLICK)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
東北と原発
この夏の収穫。

昨日ご紹介した本に、暗記教育の無意味さが載っていましたが、まさに、出来事と起こった年の暗記だけで、物事の本質を分からせようとしない歴史教育。
まあ、東北の自虐史を語るのは、教師として不適格なのかもしれませんが・・・
賢いつもりでまるきり何もわかっていない私の母は、東北にお金がこないのは、昔一時期社会党の市長だったから!なんていうこと、偉そうに言ってましたが、根本的に見当違い。

ここ一ヶ月、
新美南吉のムック、それから宮沢賢治・石川啄木のムックを読み、そこに元朝日新聞の外岡秀俊が、奥羽越列藩同盟のおかげで、東北が文明から取り残されたということを書いていました。
この遅れは、戊辰戦争に遡る!!
清泉女子大が伊達藩の下屋敷だったのが、島津公爵邸になったというのも、ピンとこなかったのですが、その謎も解けました。


東北地方のみなさんごめんなさい。でも、私、東北出身なので書かせていただきます!!

住んでいて、なんかおかしいとは思っていたんです。東海道新幹線が東京オリンピックの1964年開通だとすると、東北新幹線は1980年代に一部開通。青森全線開通は最近らしい。また、私の出身県の公立高校の男女共学化が最近なったらしく、60年の遅れ!! 教育レベルや意識もどう考えても低い。
住んでいた時、感じてましたもん、戦後何十年もたって、民主主義、男女平等の世の中のはずなのに、戦前戦中の思考パターン!! 個性を埋没させる全体主義教育。 

内田樹さんが、東北論を書かれていました!! 引用させていただきました。

http://blog.tatsuru.com/2013/04/22_0928.php

原発って、東京で消費する電力を、福島で作ってたわけですよね。東京の犠牲になっていたわけですよね。なんでそういうシステムが生まれてしまうのでしょう。

戊辰戦争ですよ!決まってるじゃないですか。戊辰戦争で、奥羽越列藩同盟が賊軍になって、それからあと150年間、中央政府によって有形無形の差別を受けてきたからですよ。東北の出身者は中央に上がっていけなかったんですよ。政界でも官界でも財界でも・・・。明治の藩閥政治の間は、東北出身者にはエリートへのキャリアパスは存在しなかったんです。

東海道新幹線の開通が1964年でしょ。東北新幹線の開通は2010年ですよ。半世紀遅れてる。
福島も地元が原発を誘致したわけだけれど、それは地元に産業がないからでしょう。産業がないのは福島県人の自己努力が足りないからじゃなくて、戊辰戦争以来150年間の、東北に対する政治的・経済的な制裁の結果なんですよ。東北にはチャンスが与えられなかった。
六ヶ所村ってあるでしょ。あれは昔の斗南藩の領地なんです。会津藩が戊辰で負けた後に、改封されて極寒の下北半島の原野に移された。不毛の荒地に。吹雪が吹いて、食べるものもろくに採れないところに会津藩士たちは追いやられ、そこでずいぶん餓え死にした。その斗南藩のところに今六ヶ所村の再処理施設があるわけですよ。産業が何もないところに。農作物も育たないし、自然資源もない。そこで生きていかなきゃいけない人たちがいる。だから、「よごれもの」を引き受けるという誘いに手を上げざるを得なかった。他に生きる道がないんだから。
 そういうふうに、ある種政治的な意図をもって、政府のどんな要求に対しても断ることができないくらい貧しい地域が作り出されているんですよ。そこに嫌なことを全部押し付けられるように。

福島とか新潟とか福井とか、原発があるのは戊辰戦争で負けた藩のところばかりでしょう。戊辰戦争で勝った側にあるのは・・・玄海が佐賀にあって、それから川内が鹿児島にある。佐賀も佐賀の乱で中央政府に反抗してるし、薩摩は西南戦争で反抗しているから。だから、長州には原発がない。今、一つだけ上関に計画だけあるけれど、地元の反対運動で結局まだできていない。調べればわかるよ。戊辰で勝った側と負けた側の原発設置比率は。歴然とした差がある。要するに、賊軍にされた地域は貧しいままにとどめおかれたということですよ。
スポンサーサイト
2013/08/29(木) 20:12:34 | 日常生活 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。