❤イ・ビョンホン・東方神起 LOVE❤나나의 일기

イ・ビョンホン、東方神起、K-POP・韓国ドラマ・映画、日常生活のgotta煮ブログ!
イ・ビョンホン最新情報naverまとめ(<=CLICK)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
臨床心理学について
交流分析の世界をさまよって、ずっと落ち込んでいましたが、ぼちぼち少しずつまとめてみたいと思います。
まだ全体像がつかめていませんが・・・

臨床心理学とやらがつかめていないので、ちょいと本読みました。
しかし、どこに行けば接することができるのかというと、その本からは具体的にスクールカウンセラーしか分かりません。
一般人が心理療法受けるとしたら、どこ行けばいいかは書いてありません。心療内科とか精神科とか
病院に行ってしまうと、投薬+心理療法となってしまうので、薬使わずにというとどこへ行けばいいのでしょう?!となってしまいます。
心理のお仕事というのは需要はたくさんあったはずなのに、それが国家から予算ついて、公的資格もできたのは、ここ何年かの話で、日本はかなりの立ち遅れです。
アメリカは1945年~帰還兵のPTSD治療で、そのときには心理療法、心理のお仕事が制度として確立していたということで。

今回交流分析、そしてそれをmixしたTAゲシュタルト療法というのに足を踏み入れました。
他にどういう療法があるとかは、把握していませんが、色々な学派、派閥があっても、心理療法者は患者に適した方法で行うということで、共存共栄ということです。

私がウン十年前、大学で臨床心理学という授業を受けましたが、概要を語った入門というわけではないので、教授の専門分野の講義ということになり、その年は、少年院・女子少年院の医務官の先生がやってきて講義しました。そして仕上げに女子少年院見学と。
臨床心理学の対象とする分野が、障害児、矯正教育といったものだったのだと思われます。

スポンサーサイト
2016/02/09(火) 12:40:05 | 日常生活 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。