❤イ・ビョンホン・東方神起 LOVE❤나나의 일기

イ・ビョンホン、東方神起、K-POP・韓国ドラマ・映画、日常生活のgotta煮ブログ!
イ・ビョンホン最新情報naverまとめ(<=CLICK)
源氏物語の結婚 読んでいます
源氏物語は左大臣と右大臣の権力バトルという視点で見ていましたが、源氏物語の結婚という本を読むとまた違った視点から見られます。

その当時は今と同じ、一夫一妻制(律令で決まっている)だけれども、現象として一夫一妻多妾になっているというのがベースになって論が展開されています。
藤原道長の子どもの例をあげ、正妻の子どもは一段上の位からスタートして元服も年齢は早く、藤原頼通、教通は関白まで上り詰めるけれども、妾の子どもはそうはならなかったということ、女子の場合は正妻の子はみな天皇の后になっているけれども、妾の子はそうはならないと!!

そういった論を展開した後、源氏物語を分析していきます。
源氏にとって、正妻の葵上、藤壺、そして正妻格の紫だけが重要で、あとは添え物よ!という考えです。それがこの写真!!
いたってシンプルです!!
NEC_2452.jpg



スポンサーサイト
2016/03/05(土) 10:17:33 | 日常生活 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.