❤イ・ビョンホン・東方神起 LOVE❤나나의 일기

イ・ビョンホン、東方神起、K-POP・韓国ドラマ・映画、日常生活のgotta煮ブログ!
イ・ビョンホン最新情報naverまとめ(<=CLICK)
冠婚葬祭のひみつ 覚書
冠婚葬祭のひみつ 覚書

結婚の章が終わりました。
1966年 松山でYS11の墜落事故で、新婚カップル12組が死亡して、それが全部婚姻届けを出していなくて、賠償でトラブルになったので、婚姻届けは式前に出しましょう!!ということになったそうなんです。
具体的にどういうトラブルか書いていないので、不都合な点があるのでしょうか?!

結婚式・キリスト=>子どもの誕生・神式=>葬式・仏式が今のスタイルなんだそうです。
若い世代はイベント好きというのもあり、お宮参り、お食い初めとかきちんとやるそうなんです。また、もち屋さんが商売はじめ、モチ背負いの行事を復活したそうです。
年寄世代は聞いたことはあるけど、実施しなかったということですが、今は普及したそうです。
また、13歳で知恵もらいという行事が出てきたそうです。もともと女子の元服に当たる裳着ですが、男子も一緒にという感じで、呉服屋さんの商売となったようです。

一方、ジェンダーフリーと狭い住宅問題で、段飾りのひな人形やこいのぼりは少なくなったそうで。
鯉のぼりの余生は川流しといって、川に渡して飾るそうです。
近所の公園でも毎年やっていますが、家庭で不要になった鯉のぼりではなく、子どもの手作りの鯉のぼりですが・・・

やはり、冠婚葬祭 商業主義に踊らされていますね。
色々なものを発掘して、商売につなげていく人がいれば、これからもっと行事が増えるっていうことでしょう。

スポンサーサイト
2016/03/16(水) 17:51:35 | 日常生活 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.